【800点を目指す】TOEICテストを受けてわかった攻略法

いいなと思ったらシェアしてください。がんばれます。

こんばんは、花粉症は気合いと根性で治します。スーパーシャイボーイのしょーご(@shogo_australia)です。2016年1月31日に受験したTOEIC公開テストの結果が送られてきましたので、ここで発表したいと思いまーす。どーだったかなー??

スポンサードリンク



TOEIC公開テストとは

Test Of English for International Communication の略で、英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通テスト

世界共通とはいっても受験者の8割は日本人と韓国人で、それ以外の国での認知度は低いです。ぼくが留学していたオーストラリアでは、TOEFLやIELTSを受ける学生が多かったです。少数派でしたが、ケンブリッジを受けている友達もいましたね。

それでも日本ではTOEICや英検は、英語力を計るテストとして認知度は高く、現状就職や昇進にも有利になっています。

効果的なTOEIC対策

TOEICはリスニングパート1〜4(聞く)とリーディングパート5〜7(読む)に分かれており、テスト前半の45分でリスニング問題を行い、その後の75分がリーディング問題に充てられます。

リスニングパートの最初の約1分は、問題の解き方に関する説明が流れるのですが

こんなものをふんふんと真面目に聞く必要はありません!

この約1分でリーディングパートを1問でも多く解いておきましょう。TOEICは時間との戦いです。1秒も無駄にしてはいけません。

リスニングパート終了後、休む間もなくリーディングパートが始まります。事前に自分なりの時間配分を考えておき、時間内に全ての問題を解きましょう。ちなみに下記がぼくがベストだと思う時間配分です。

  • Part.5 : 20分
  • Part.6 : 7分
  • Part 7 : 48分

といっても、本番では何が起こるかわかりません。今回のテストでぼくは、Part.7から集中力が一気に切れ、「内容が頭に入ってこない➡焦る➡さらに入ってこない」という負のスパイラルに陥りました。結局時間内に終わらず、最後は勘でマークシートを埋めるという不甲斐ない結果に。うえーん。

TOEICにおいて一番大切なこと

「平常心を保つ」

これにつきます。試験官の足音、前の人のシャーペンの音、隣の人の胸の谷間。本番では様々な物に集中力を遮られます。それらに対して、いかに平常心を保ち冷静に対処するか。英語力以外の部分も、試されるのです。

役に立った参考書

今回のテストで、ぼくがメインで使った参考書です。TOEICテストにおいて確実に身につけておきたいテクニックが網羅されています。これを読んで実行すれば、確実に効率もスピードも上がります。読んで損は無い1冊です!

出題形式が変更になりました

第210回公開テスト(2016年5月29日実施)よりTOEICの出題形式が一部変更となりました。

・変更になった部分

出典:http://www.toeic.or.jp/

リスニングセクションでは、写真描写問題と応答問題が減り、会話問題が増えています。

リーディングセクションでは、短文穴埋め問題が減り、長文穴埋め問題が増えています。

また、リーディングセクション最後の難関のダブルパッセージがマルチプル(複数)になって、問題数も増えています。

ご覧になってわかる通り、簡単な問題が減り、難しい問題が増えたってことになりますね。よりオーセンティックなコミュニケーションを培うためと銘打ってはいますが、要するに高得点を取りにくくしたってことです。第210回以降から平均点はグググっと減るんじゃないですかねー。

変更点の詳細はTOEIC公式をご覧ください。

まとめ

英語学習は一朝一夕にはいきません。洋画を見たり、洋楽を聴いたりしてリスニング力を高めること。英字新聞、海外のネットニュースなどを読んで、英文に慣れること。これらを心がければ確実に点数は上がります。目標スコアに向けて、一緒にがんばりましょう!

ということで、最後になりましたが、今回のテスト結果を発表します!しぇしぇーい!

スポンサードリンク



テスト結果

805 (Listening:475, Writing:330)

目標は800点だったので、本当にギリギリ!(笑)リスニングは予想以上の点数が出て嬉しいです。ただリーディングパートに集中できず、思った点数が取れなかったのが残念です。ちっきしょー!次回はリーディング重視で対策をしようと思います。うしうっし!やるでー!!

 

スポンサードリンク

 

いいなと思ったらシェアしてください。がんばれます。

また読んでもいいかなって思ったら、フォローお願いします。