1日で合格!販売士検定で重要なポイントと勉強法!

いいなと思ったらシェアしてください。がんばれます。

おすすめ記事

こんにちは、スーパーシャイボーイのしょーご(@shogo_australia)です。社会人になってから十数年、わたしは常に小売業界に身を置いてきました。へい、らっしゃーい!そんなわたしが今更ではありますが、販売員としての基礎となる資格「販売士検定」に挑戦しました!しゃー!

sponsored link



そもそも販売士検定ってなによ?

流通業界で最も必要とされている多様化・高度化した顧客ニーズを的確に捉え、豊富な商品知識や顧客に配慮した接客技術を武器として、ニーズにあった商品を提供するとともに、商品の開発や仕入、販売、物流などを効率的かつ効果的に行うことができる「販売のプロ」。

引用:日本商工会議所Webサイトより

平成27年度から正式名称が「リテールマーケティング(販売士)検定試験」に変更になってます。「修得できる知識や実務能力をより的確に表す為に」と銘打ってますが、まぁ本音は

「横文字の方がかっこいいよね!ねっ!?」

て事だと思います。

なんで受けたの?

職場の福利厚生で、受験費用を会社が負担してくれる制度があります。今回はそれを利用して第77回(2016/02/17)販売士検定3級を受けてみました。

「3級は余裕っしょ!一夜漬けでなんとかなるよ!」

上司からは事前にこのように言われていたので、めちゃくちゃナメてかかってました。それでも心配性の私はヤフオクで300円の問題集を購入し、試験3日前から読み始めました。そして、知らない語彙の多さにアセるのです。

3級合格のために

販売士検定3級の科目は下記5科目あります。

  1. 小売業の類型
  2. マーチャンダイジング
  3. ストアオペレーション
  4. マーケティング
  5. 販売・経営管理

全てマークシート方式による選択問題で、全5科目で200問。合格基準は、5科目の平均点が70点以上であることと、50点未満の科目がないこと。

試験後すぐに、各種学習サイトにて回答速報が流れます。これをふまえて、早速自己採点しました!ひゃーい!

私の点数【5科目平均80.6点】(自己採点)

と、いうことでおそらく合格はしていると思われます。

sponsored link



まとめ

自ら受験してみて感じた事は、ここ数年以内の新し目の参考書や問題集を用意し、頻出問題をチェック、重要キーワードと意味をしっかりインプットすれば、数日の学習でも十分合格は可能だと思いました。

過去問はやるに超したことはないですが、全て選択問題ですし、時間的にもかなり余裕があるので、やらなくても受かります!(キッパリ!)私はやりませんでした。(てか過去問集を買うお金がもったいなかった。)

 

いいなと思ったらシェアしてください。がんばれます。

また読んでもいいかなって思ったら、フォローお願いします。