【まじビックリや!】インドのトイレ事情をレポートしまっす

いいなと思ったらシェアしてください。がんばれます。

こんにちは、スーパーシャイボーイのしょーしょです。ただいまインドに滞在中のスーパーシャイボーイが、現地から直接、インドの気になるトイレ情報をお伝えします!

インドのトイレ事情

わたしにとって旅の楽しみのひとつが、各国のトイレ事情を探ること。国によって色々なトイレ文化があって楽しいです。

インドもアジアなので、東南アジアとそれほど大きな違いはありません。基本的には和式ですが、最近になって洋式がどんどん普及してきています。

といってもそれは外国人観光客が使用する空港や観光施設の話で、農村部へ行くと下水道が普及していないため、家にトイレがある世帯が全体の3分の1にも満たない。つまりほとんどの人がそこらへんでしちゃってるということ!まじビッックリぽんやで!

もちろん、デリーなどの大都市であれば、ホテル、ショッピングセンター、マクドナルドにもトイレはあります。ただトイレットペーパーがないことがあるので、注意が必要。そして紙は流しちゃダメですよ!

男性用小便器

インドの小便器は、やたら高いところに設置してあります。おしっこが出る部分とほぼ同じ高さに設置してあるので、つま先立ちをして用を足さなければなりません。

ピザハットの小便器は特に高く、つま先立ちをしても届かなかったため、おちん●んを少し上向きにして、用を足しました。

おちん●んと便器の距離がほぼないので、おちん●んが便器に触れないように気をつけることも忘れてはいけません。万が一触ってしまったら…と思うとぞっとします。

一流ホテルのトイレ

わたしが今回滞在したDIA PARK PREMIERというホテルは、日系のかなり良いクラスのホテルで、なんと便座にはウォシュレットが付いていました!メーカーはもちろんTOTOです!

20160416toilet01

日本と同様のシャワーとソフトなシャワー、そして女性用のビデがあります。これに加えて、最近では珍しくなってしまった乾燥ボタンも付いています。

ウォシュレットが欠かせないわたしにとっては、最適で快適な滞在先でした。

トイレに執事!

お買い物の為にさらに良いホテル、ル・メリディアンホテルへ行くと、なんとトイレの中に使用人がいるじゃありませんか。

「さぁ、あちらへどうぞ。」と小便器の方を指しています。うんこやったらどうすんねん!と心の中でつぶやきながら用を済ますと、洗面台の前で待ち構えていた使用人は、蛇口をひねろうとしたわたしの手よりも早く、水を出します。そしてハンドソープをわたしの手に出し満面の笑顔。手をすすぎ終えると蛇口を閉め、わきに置いてある清潔なタオルを差し出します。最後はトイレのドアを開けてお見送り。

なんなの!コントなの!こんな衝撃は久しぶりでした。チップあげなかったけど、これはあげるべきだったと後から反省しました。

まとめ

今回は仕事で来ていたため、あまりローカルなトイレを経験することがありませんでした。インドの列車なんかのトイレは穴があるだけで、地面に直接落とすタイプのものが未だにあります。そんな過酷なトイレの経験は、次回のためにとっておきます。世界トイレ研究家のリサーチはまだまだ続く。

 

スポンサードリンク

 

いいなと思ったらシェアしてください。がんばれます。

また読んでもいいかなって思ったら、フォローお願いします。