【洋楽ロック】夏のドライブで聞きたい!爽やかでエモい洋楽ロック10選

いいなと思ったらシェアしてください。がんばれます。

こんにちは、スーパーシャイボーイのしょーしょです。日に日に気温が上昇してきており、本格的な夏も間近といった感じですね!夏休みには海水浴やキャンプ等で、海辺をドライブするなんて方も多いのではないでしょうか。今回は、「夏のドライブにセンスのいい洋楽流したいぜ!」って方必見の、スーパーシャイボーイ厳選!オススメ洋楽ロックをご紹介します!

目次

Jack’s Mannequin (ジャックス・マネキン)

海風を感じながら聞くジャックス・マネキンの曲は、少し切なくいつまでも残る。

アメリカ・カリフォルニア州出身、ピアノ・ボーカルを務めるアンドリュー・マクマホンのソロプロジェクトとして、2004年に活動を始めたロックバンド。3枚のアルバムを発表して、2012年に惜しまれつつ解散をしてしまいましたが、その残された名曲達は毎年夏になると、僕の耳をむずむずさせてくれます。

オススメの曲:Dark Blue (2005)

オススメのアルバム:Everything in Transit

捨て曲がひとつもない、本当に良質なアルバムです。繊細でメロディアスなピアノの旋律が、ちょっぴり甘酸っぱい夏の思い出とシンクロします。夏のドライブ時には、必ず車に積んでおきましょう!

Fountains of Wayne (ファウンテンズ・オブ・ウェイン)

キモオタ童貞のぼくは、FOWの曲で妄想と股間をふくらます。

1995年ニューヨークで結成されたアメリカのロックバンド。”Stacy’s Mom”という曲にドハマリしたのがきっかけで、このバンドも好きになりました。同級生のステイシーのママに恋をしてしまった男の子の歌。PVもエロくて男心をがっつりつかんでます!

2006年のナノムゲンフェスでは、FOWの公演が突然キャンセルになってしまって残念だったなー。

オススメの曲:Stacy’s Mom (2003)

オススメのアルバム:Welcome Interstate Managers

キャッチーで哀愁漂う1曲目”Mexican Wine”から、クオリティの高いメロディアスな曲達が楽しい夏を演出します!何年経っても古さを感じません。

Third Eye Blind (サード・アイ・ブラインド)

ヒップホップが乗ったセンスの光るメロディに、自然と体がリズムを刻む。

サンフランシスコ出身のロックバンド。ポップでメロディアスな曲、哀愁感じるエモーショナルな曲など、頭にこびりついて離れないメロディ多し!そこにラップが乗り、3ebしか作り得ない唯一無二な曲が、ぼくらのハートを離さないんです。

オススメの曲:Semi-Charmed Life (2003)

オススメのアルバム:Third Eye Blind A Collection

良曲集めたベスト盤です。これ積んどけば間違い無し!1曲目から、ギャンギャンに上がりますねぇー!

Train (トレイン)

夏がトレインに乗ってやってくる!

カリフォルニア州サンフランシスコ出身の3人組ロックバンド。活動休止期間があるものの、1994年から20年以上にも渡り活躍しているベテランのおじさん達!

オススメの曲:Hey,Soul Sister(2009)

オーストラリア滞在中にヘビロテされてて大好きになってしまった曲。ウクレレのサウンドが夏!!って感じがして最高です!

オススメのアルバム:Save Me, San Francisco

癒し効果感じます!元気が出る1枚!

Motion City Soundtrack (モーションシティサウンドトラック)

夏の終わり、MCSのポップで切ないメロディがしみる。

ミネソタ州出身のパンクバンド。ポップだけどエモいメロディライン。ボーカルの髪型が超絶ダサいけど、こんなダサい髪型のやつがこんな良い曲書くんだなぁと関心します。髪型関係ないか。

オススメの曲:Broken Heart(2007)

オススメのアルバム:Even If It Kills Me

OK GO (オーケーゴー)

突き抜けたポジティブ!何も考えずOK GOしたい!

イリノイ州シカゴ出身の4人組ロックバンド。OK GOといえば、ランニングマシンの上で踊るコミカルなミュージックビデオが有名ですね!2014年の”I won’t let you down”のMVは千葉のロングウッドステーションで撮影され、Perfumeも出演しています。

オススメの曲:I won’t let you down(2014)

オススメのアルバム:Oh NO

2007年のサマソニで見た彼らは素晴らしい存在感でした。その時のセットリストは下記を参照してください。多くの曲はこのアルバムからでした。

セットリスト(サマソニ2007)

  1. Television, Television
  2. Don’t Ask Me
  3. A Good Idea At The Time
  4. Get Over It
  5. Oh Lately It’s So Quiet
  6. Incincible
  7. Here It Goes Again
  8. Do What You Want



My Awesome Compilation (マイ・オーサム・コンピレーション)

このイントロだけで気持ちがグググってなる

イギリス・レスター出身の4人組エモ系ロックバンド。テンション上げたい時にはMACが本当オススメ!

オススメの曲:Put Up A Fight(2005)

一時期ホントこればっかり聞いてました!今聞いてもむちゃくちゃイイネ!

オススメのアルバム:Actions

Smash Mouth (スマッシュマウス)

底抜けに陽気になれる!

1994年に結成されたカリフォルニア州サンホセ出身のロックバンド。南国チックな曲が多いスマッシュマウスの曲は、リゾートで聞きたくなります。めっちゃ楽しい気分にさせてくれる!

オススメの曲:All Star(1999)

映画シュレックでも使われていた、リズム感が楽しい曲。

オススメのアルバム:Smash Mouth

夏、海辺で聞きたい一枚!

Sugar Ray (シュガーレイ)

メロウなサマーチューンで夏を謳歌しよう!

1995年にデビューした、アメリカ・オレンジカウンティ出身のロックバンド。ラップやDJなどを取り入れつつも、夏を感じさせるミドルテンポの曲多し!日本でいうところのチューブ的存在?違うか!

オススメの曲:When it’s Over(2001)

ビーチでのんびりダルダルしながら聞きたい曲No.1です!

オススメのアルバム:Sugar Ray(2001)

バンド名にもなっている、シュガーレイ渾身のフォースアルバム。1曲目の”Answer the phone”から11曲目の”Disasterpiece”までの流れは本当に完璧。今までに何度聞いたかわからないくらいお気に入りの1枚です!

Owl City (アウル・シティ)

キラキラのエレクトロポップ!
アメリカ合衆国ミネソタ州オワトナ出身のミュージシャン、アダム・ヤングによるソロプロジェクト。シンセを多用したエレクトロニクスな楽曲が多い。キラキラしたファンタジーな世界観は、多くの人達を虜にしています。

オススメの曲:Good Time(2012)

軽快でキャッチーなポップチューン。カーリー・レイ・ジェプセンとのデュエットです。このMVのアダムヤングは、メッシに似てますね。カーリーもかわいい!このMVのようにオープンカーに乗って、海岸通りを疾走したい!

オススメのアルバム:Ocean Eyes

エレクトロポップみたいなジャンルはあまり聞きませんが、このアルバムはかなりハマりました。リードシングルの”Fireflies”は夏の夜にぴったりな曲です。

まとめ

今回は夏ドライブをテーマに、ノリの良いアップチューンから、哀愁ただよい胸がキュンとするエモロックまで、色んな曲をご紹介しました。夏休みのレジャーや旅行のお供に、今回紹介したCDを持って、夏のドライブをエンジョイしてください。

紹介した曲のほとんどが10年以上前のものになりますが、今聞いても新鮮でかっこいい曲ばかりですね!色あせない夏ロックで、今年もたくさんの素敵な思い出を作ってください!

 

いいなと思ったらシェアしてください。がんばれます。

また読んでもいいかなって思ったら、フォローお願いします。