【逃恥】ピュア童貞ならわかる!ヒラマサさんがセックスできない理由

いいなと思ったらシェアしてください。がんばれます。

こんにちは、スーパーシャイボーイのしょーごです。

毎週火曜22時から放送中のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。録画だけして全く見ていなかったこのドラマ。最近見始めたら、

共感する部分がたくさんありすぎ!

もう面白すぎて、今週放送の7話まで一気に見てしまいました。

6話の最後から7話にかけて、二人の気持ちと関係性が大きく揺れ動き、ものすごーくドラマチックで心がワシャワシャしてしまったので感想を綴っていきます。

みくりさんの誘いを拒むヒラマサさん

7話のラストシーンで2度目のキスをし、お互いの気持ちを確認しあった二人は熱い抱擁を交わし、みくりさんはヒラマサさんにこんな一言を

いいですよ、わたしは。ヒラマサさんとなら、そういうことをしても。

しかし35歳童貞のヒラマサさんは、これ以上ないボームランボールでもバットを振らずにバッターボックスから退いてしまうんです。

ヒラマサさんに恥をかかされた感じになってしまったみくりさんは可哀想ですが、そもそも相手が35歳の童貞魔法使いってことを忘れてませんか?

35歳童貞の心理

元童貞スーパーシャイボーイのぼくは、みくりさんを拒むヒラマサさんの気持ちが痛いほどわかります。

ヒラマサさんは完全にみくりさんに恋してます。それは間違いない。

ベランダから見送ってくれるみくりさんは完全に天使だし、天使に見送りされたら空も飛んでしまうほど浮かれちゃうのは当たり前。

でもそれってイコールみくりさんとセックスしたいとはならないんです。

むしろ好きすぎてセックスしたくない。できない。天使のみくりさんからそんな生々しい言葉は聞きたくない。

好きだからハグしたらドギマギしちゃうし、二度目のキスがしたくてしたくて寝不足になってしまう。でも35歳の童貞にとって、ハグやキスとセックスは別次元の物でありそんな簡単にできるものではないんです。できるならとっくに童貞卒業してるしね。

20161125nige01

みくりさんから寄せていくしかない

誤解して欲しくないのは、ヒラマサさんは決してセックスしたくないわけじゃないんです。ただそこに至るまでには完璧なステップ、完璧なタイミング、完璧なシュチュエーションが必要だということ。

もしかしたら結婚するまで(契約結婚じゃない本当の結婚)童貞を貫きたいのかもしれないですが、何にせよ長い時間を用して気持ちを温める必要があります。

それは自分の気持ち的な準備もそうですが、みくりさんを大切に思うが故というのもあるんです。

だから最後の一線を越えるためには、みくりさんが35歳童貞のヒラマサさんの気持ちを理解して、みくりさんの方からヒラマサさんに寄せていくしかないのかなと思います。

不意打ちキスを思い出せ

6話の最後、新婚旅行からの帰りの電車にて

楽しかった。このまま着かなければいいのに。

そう思ったヒラマサさんは意識せずに自然とみくりさんにキスをしています。

こういう自然と湧き出てくる気持ちと行動力ってすごく大事。必要な時って自然とそういう力がみなぎるものなんですよね。特に童貞は恋愛に関して、プラン通りに物事を運ぶ能力って皆無なんです。それ故童貞なんです。

だから自然の流れに身を任せて、あーできるなー行けちゃうなーってなったら行けばいい。そういうタイミングは必ずきます。その時にブレーキをかけないことに成功すれば、童貞とはさようなら。

それができなきゃ一生童貞、ただそれだけのこと。

来週の逃げ恥も楽しみだー。

20161125nige02

 

スポンサードリンク

 

いいなと思ったらシェアしてください。がんばれます。

また読んでもいいかなって思ったら、フォローお願いします。