静岡市のくつろぎ空間!ミュージアムカフェ・ピリパラがオシャレで落ち着く

いいなと思ったらシェアしてください。がんばれます。

こんにちは、静岡のグルメ情報を発信しているブロガー・スーパーシャイボーイです。

先日、妻とランチに訪れたカフェが、予想外にオシャレで居心地のいい空間だったのでオススメします!

静岡駅から車で20分程、葵区昭府町の住宅街の中に佇むオシャレなカフェ。それが、

ミュージアムカフェ・ピリパラ

スポンサードリンク



ミュージアムカフェ・ピリパラとは

閑静な住宅街の中に突如として。緑が豊かな存在感のあるカフェが現れます。それが2008年2月にオープンした「ピリパラ」です。

ピリパラの意味

カフェの名前にもなっている「ピリパラ(PILI PALA)」とは、イギリスのウェールズ地方の言葉で「蝶々」です。

蝶々が集まるような素敵なカフェになるように

ってな願いでも込められてるのかな?

ミュージアム?カフェ?

ミュージアムカフェの名の通り、建物の中にはギャラリースペースがあって、様々な絵画が楽しめるとのこと。展示品は月ごとで入れ替わるので、飽きることがなくていいですね。

ランチやカフェを楽しみなが、生の芸術にも触れることが静岡にはあまりないタイプのカフェスタイルですね。

店内の雰囲気

とにかくこのカフェは雰囲気が抜群にいいですね。外にはテラス席が3テーブル程あり、屋内にも6テーブルくらいはありました。

屋内は吹き抜けになっており、非常に開放的な雰囲気です。

存在感のある暖炉も良い感じです。冬はこれに火が灯るのでしょうか。

風通しもよく、テラス席から気持ちのいい風が入ってきます。これは、お庭に緑がたくさん植えてあるからでしょうか。ちょっとしたパワースポットかってくらい良い波動を感じます。これは長居しちゃいますねー。

ピリパラのランチメニュー

ぼくらが訪れた週のメニューはこんな感じでした。メニューは週替わりみたいですね。

ぼくは白身魚に惹かれて、本日のランチプレート。

白身魚はほろほろで柔らかく、ゴマの香ばしい香りもよかったです。

妻はチキンのミートローフ(和風)とキッシュのセットにしてました。

ランチはパンかライスか選ぶことができます。ぼくはパンにしたところ、カリカリのバケットがでてきて、これが結構美味しかったですね。

ただここのランチは若干量が少なめなので、物足りない人も多そうです。男性なんかはおそらく物足りないでしょう。少食のぼくでも若干足りなかったので、スイーツも注文してしまいました。

もしかしたら、それが戦略なのしれませんね。。

ピリパラのスイーツメニュー

スイーツメニューも充実しています。むしろランチメニューより豊富ですね。運営する側もカフェの方に力入れてる感が伝わってきます。

きび砂糖のシフォンケーキとチーズケーキをいただきましたが、これが両方とも抜群に美味しかったです。

両方とも手作りでしょうか。シフォンケーキはきび砂糖の香りがしっかりと感じられますが、ふわふわで柔らかい優しいお味。

かたやチーズケーキはとにかく爽やかで濃厚。ぼくはケーキの中ではチーズケーキが一番好きで色々食べ歩いていますが、ピリパラのチーズケーキはかなり好みな味です。本当にうまかった。

まとめ

とにかくスイーツのレベルが高いです。ママ友やカップルなど、ゆっくりと甘いものを食べて素敵な時間を過ごしたい方は、ぜひ行ってみてください!

店名 ミュージアムカフェ ピリパラ
住所 静岡市葵区昭府2丁目18-36
営業時間 10:00-18:00
ランチ 11:00-14:00
定休日 日・月曜
TEL/FAX 054-270-8050
駐車場 8台

こちらでお店のブログが見れます
http://cafe-pilipala.blogspot.jp/

関連ランキング:カフェ | 新静岡駅日吉町駅音羽町駅

 

いいなと思ったらシェアしてください。がんばれます。

また読んでもいいかなって思ったら、フォローお願いします。