【極上のたまご】清水養鶏場の美黄卵は一度食べたらヤメラレナイ!

いいなと思ったらシェアしてください。がんばれます。

ぼくの一日はTKGにはじまりTKGに終わる。

TKG = たまごかけご飯

(ピンとこない方の為に念のため。)

しょーご
たまごかけご飯大好き!!(ハンバーガー持ってるけど)

そんなTKG大好きなぼくが、家の近くにある養鶏場のたまごがバカうまい!という噂を聞いてリサーチして来ました。

それが静岡市の美和街道沿いにある

清水養鶏場さんです!

清水養鶏場とは

静岡市葵区遠藤新田に直売所を構える養鶏場。

農林水産大臣賞をはじめ、様々な賞を受賞している素晴らしい養鶏場です。こちらの養鶏場では毎日12000個のたまごが生まれ、その新鮮なたまごが店頭に並びます。

メディアにもたくさん取り上げられていて、たくさんの有名人がお店に足を運び新鮮な卵に舌鼓を打ったようです。

清水養鶏場さんのサイトにメディア出演履歴があったので参照したところ、過去にはこんな人たちが取材されています。

  • 栗原はるみさん
  • 大沼啓延さん
  • 久保ひとみさん
  • 千原せいじさん
  • ずんのやすさん
  • 山田桃子アナウンサー(第一テレビ)
  • 小岩智子アナウンサー(第一テレビ)
  • 朝倉さやさん
  • パックンマックン
  • 杉ちゃん(デニムじゃない方、朝日テレビアナウンサー)

テレビのみならず、新聞雑誌等でも紹介されています。静岡ではかなり有名な養鶏場ですね!

清水養鶏場さんのWEBサイトはこちら

静岡市にある清水養鶏場の美黄卵は、安全、安心、新鮮をモットーとした清水養鶏場のオリジナルブランド卵です。

ブランド卵「美黄卵」

しい身の味しい身の

という意味合いを持つ、清水養鶏場さんのブランド卵。特許庁にも登録がされており、静岡市葵区足久保の農場で生まれた卵だけが、美黄卵として販売されています。

美黄卵の美味しさの秘密は鶏のエサ。なんとエサに昆布を使用しているんだとか。それ以外に20種類のエサを配合し、ミネラルたっぷりの地下水を与えてるんだそうです。これらエサにこだわることにより、美味しいたまごが生まれるんですね!

有名菓子店やレストランにも販売

清水養鶏場さんの美黄卵はその美味しさが認められ、有名な洋菓子店やレストランにも販売されています。

THIS IS CAFE

静岡で人気のカフェ、THIS IS CAFE静岡のモーニングで提供されていたエッグベネディクトは、清水養鶏場さんの美黄卵でした。濃厚な半熟卵が魅力のエッグベネディクトには、美黄卵が欠かせないのでしょう。


THIS IS CAFEは現在モーニングをやめてしまってるので、エッグベネディクトが食べられるのかどうか不明ですが、他のメニューでも使われていることでしょう。

美黄卵のカルボナーラとかオムライスとか絶対うまいでしょ!

雅正庵

静岡の老舗製茶問屋が運営するお茶とお菓子のお店。こちらで作られているお菓子のほとんどに清水養鶏場さんの卵が使われています。

この美味しい抹茶のバウムクーヘンにも使われてるんでしょうねー!これ本当においしい!

自動販売機で24時間購入可能!

美和街道沿いにある清水養鶏場さんの「美黄卵」直売所には、自動販売機が設置されており、24時間いつでも美黄卵の購入が可能です。時間を気にせず気軽に買いに行けるのは、嬉しいですね。

街で飲んだ後の帰り道、タクシーで乗り付けて美黄卵を購入。たまごかけご飯でしめるとか。夜勤明けで美黄卵を買って、朝ごはんにたまごかけご飯を頬張るとか。自動販売機で買えるので、そんな楽しみ方もできちゃいます!

対面販売は8:30〜19:00までなので、プリンやシフォンケーキなど生卵以外の商品を購入する場合は、この営業時間内に来店してください。

黄身をまるごと使った「きみまるプリン」

美黄卵のおいしさが楽しめるのは、生卵だけじゃないんです。清水養鶏場さんの美黄卵直売所では、美黄卵の黄身をまるごと使った

きみまるプリン

という名のプリンが売られています。

美黄卵の黄身がまるごと入ったこのプリン、濃厚なたまごのうまみが楽しめる非常に贅沢なプリンです。1つ250円と決して安くはないですが、その価値は十分にある極上のプリンです!

ひまわり畑で贅沢に試食!

清水養鶏場さんの直売所の近くにひまわり畑があるということで、少し薄暗くなってきた夕暮れ時にひまわり畑できみまるプリンを試食してきました!

案内のあった看板のところへ行ってみると…

こんな素晴らしいひまわり畑が!

きみまるプリン実食!

これがきみまるプリンだー!

しょーご
背景がひまわりじゃなくて、田んぼになっちゃった。。

早速、空気の美味しい田舎の風景の中、きみまるプリンをいただきます!

きみまるプリンはカラメルソース付き(250円)とカラメルソース無し(240円)から選ぶことができます。

ぼくはカラメルソース付きにしましたが、プリンそのものの味を楽しみたかったのでそのままでいただきます!

しょーご
んー!たまごの味が濃厚でまろやか!うんまーい!

カラメルソースかけるとたまごの味が負けちゃいそうですが、美黄卵の濃厚なうまみは負けません。たまごのまろやかさとカラメルの苦味が相まって、本当にうまい。

オススメの食べ方はカラメルソース付きを買って、最初の半分はたまごそのままの味を楽しみ、残りの半分はカラメルソースをからめてってのがいいと思います!

美黄卵の抹茶プリンも!

抹茶の苦味が加わった抹茶プリンもあります!抹茶好きな息子は抹茶プリンをチョイス!小学生とは思えない渋さ!

息子
うまい!苦いけど

抹茶の苦味に負けずに存在するたまごのうまみ!さすがの美黄卵です!

念願のTKG

買ってから気づいたのですが、どうやらぼくは目玉焼き用の黄身が2つ入った美黄卵を買ってしまったようです。

確かに自動販売機の扉の横に

黄身が2つ入っています

って書いてあった。

まぁ、美黄卵のおいしさに変わりはありません。気にせずTKGでいただきます!

たまごかけご飯を作る時のこだわり

たまごかけご飯を作る際には、絶対に譲れないこだわりがあります。それは、卵の白身と黄身をあらかじめ分けておき、白身だけ先にご飯とよく混ぜること。

この工程を経ることにより、ご飯がふわふわで美味しく仕上がるのはもちろん、醤油をかける量が少なくすみ、黄身の濃厚さがダイレクトに楽しめて極上のたまごかけご飯になります。

白身を混ぜたご飯の上に黄身を乗せ、ネギを振って醤油を数滴たらしました。黄身が二つあったので一つを潰してご飯とからめてあります。

しょーご
絶対に美味しいです!

ぼくの家族はいまだに全卵をかき混ぜて、多めの醤油で味付けて食べていたのですが、ぼくこだわりのたまごかけご飯を食べさせたところ、非常に気に入ってくれました。

納豆を食べる時は、よく混ぜてからタレをかけた方が美味しいように、たまごかけご飯は白身だけ先にご飯と混ぜるということを多くの人に知って欲しいですね。

 

いいなと思ったらシェアしてください。がんばれます。

また読んでもいいかなって思ったら、フォローお願いします。