ラーメン

富士ノ國 らぁめん大使|静岡駅地下街にオープンのラーメン店(静岡市葵区紺屋町)

JR静岡駅につながる地下街に、新しいラーメン店がオープンしました!王道の中華そばや、煮干し系、和えそばがラインナップされたお店!それが

 

富士ノ國 らぁめん大使!

 

 

よれちゃん
よれちゃん
突如として登場した無化調らぁめん店!

 

富士ノ國 らぁめん大使ってどんなラーメン店?

2022年11月27日(火)、静岡市葵区紺屋町、JR静岡駅につながる地下街にオープンしたラーメン店「富士ノ國らぁめん大使」。元々サスケが入っていた物件に、居抜きで入ったようですね。大好きなサスケが閉店してしまいショックでしたが、同じくラーメン屋さんがこの場所を引き継いでくれたので、静岡おまちの地下街を引き続きラーメンで盛り上げてください!

富士ノ國 らぁめん大使の店舗情報

店名 富士ノ國 らぁめん大使
住所 静岡市葵区紺屋町7-13地下1階
TEL 070-4319-1388
営業時間 11:00〜15:00
定休日 火曜日、第1・第3水曜日
駐車場 なし

富士ノ國 らぁめん大使のメニュー

中華そば、煮干し系、和えそばを中心に、背脂プラス、チャーシュー増しなど選べるようですね。和えそば、カレー和えそばが気になりましたが、オープン日のこの日は提供していませんでした。あと、券売機にとり塩そばのボタンもありましたが、こちらも初日の提供は無いようです。

セオリーでは、初めてのお店では左上の法則に従うのですが、煮干し好きなぼくは、迷わず煮干しそばをポチッとします!

煮干しそば

煮干しそば(900円)

煮干しの出汁に醤油ダレを合わせたスープは、煮干しの香りがふんわりと香ります。醤油の味わいがしっかりと感じられる一杯。油の質感もしっかり感じられるので、背脂煮干しにしなくてよかったと思う一方、背脂の甘味としっかり目の醤油は合いそうな印象です。トッピングには、チャーシュー2枚、ねぎ、たまねぎ、メンマ、のり、ナルトといった組み合わせ。

麺は細めで食べやすく、あっさり系スープに合いそうな印象。「夢ちから」という全粒粉入りの小麦で仕上げてあるそうです。

低温調理の豚チャーシューは、しっとり食感でうまい!塩味もしっかりと付いていて、チャーシュー単体でおつまみ的な感じで食べても美味しいですね!

オープン初日の今日は、醤油系のラーメンのみだったので、塩系や和えそばも食べてみたいですね!今後のメニュー展開に期待します!

 

ABOUT ME
よれちゃん/静岡グルメブロガー
月間約8万回読まれてるブログ「もぐもぐしずおか」の管理人。『ここ行ってみたい!』と思えるグルメ・観光の情報を発信中!ブログ更新情報は、ツイッターをフォローしてね!