ラーメン

ライム軒の限定麺が美味し過ぎるので限定をやめて!

限定麺が激ウマなお店ライム軒

斬新なラーメンで常連さんを魅了し続けるライム軒さん。不定期で期間限定ラーメンを提供してくれています。

 

ちょ、その前にさ

「ライム軒ってなに?」

という方は、ライム軒さんの魅力をつづったこちらの記事をご覧下さい。

 

ライム軒はリピート必至!激旨なつけ麺に出会えるラーメン屋さんだよ!「濃厚な魚介の旨味と爽やかに柚子が香る極上のつけ麺!」 「ゴマと山椒が効いたピリ辛つけ麺!」 「ミョウガの香りがクセになる夏...

 

ハズレ無し!ライム軒さんの限定麺まとめ

2018年2月オープンのライム軒さん。ぼくがライム軒さんの限定麺にハマったのは、この一杯がきっかけでした。

この一杯により、

「ライム軒の限定メニューは神!」

という認識を植えつけられてしまったのです。

冷みぞれつけ麺

2018年夏季限定で提供されていた、限定のつけ麺です。さっぱりなので、食欲のない暑い日でもスルスルっといける夏バテ知らずの一杯。

ミョウガ、大葉、大根おろし等、夏でも食欲をそそるさっぱり系のつけ汁に鶏挽肉が入ったつけ麺。

夏には必ずやってほしいつけ麺です。

柚子香る かぶと大根のすりおろし釜揚げ風つけ麺

2018年11月6日~26日の間提供されていた、限定つけ麺。少し長い名前ですが、無駄なワードが1つもない、このつけ麺の特徴を的確に表した名前です。柚子と大根・カブおろしでサッパリいただける超絶うまい限定麺です!

柚子香る かぶと大根のすりおろし釜揚げ風つけ麺(850円)

麺、つけ汁、豚角煮の3点セット。つけ汁は、いつもと違う三つ葉が入ってはいるものの、通常のつけ麺のつけ汁と大差なさそうです。

強烈なインパクトで目を引くのは、まるで雪山の頂きに春の息吹が舞い降りたようなビジュアルの麺。

釜揚げうどんのように、麺が茹で汁(?)に浸かっています。こうすることによって、大根・カブおろしがうまく麺と絡み美味しくいただけるわけです。

ふんだんに使われた柚子の皮が、贅沢に散りばめられていますね。大根・カブおろし、三つ葉、柚子、この組み合わせってもうさわやかでしかないですね!

ライム軒といえば、全ての麺に付いてくる、ライム軒の象徴とも言うべきこの豚角煮。この豚角煮が、ガッツリ要素を担ってくれています。サッパリ系のつけ麺とはわかってはいるものの、やはり肉要素が欲しいと思うのが男心ですよね。

「そんな欲望お見通しだぞ!」

と微笑む店長が目に浮かびます。

そのままかぶりつくもよし、つけ汁に浸すもよし。各々が各々の楽しみ方で食すべし。

麺の上にこんもりと盛られた大根・カブおろしの上に美しく鎮座する三つ葉。

そしてつけ汁の方にも、アクセントに三つ葉が加えられています。三つ葉好きにはたまらない、ダブル三つ葉でより一層香り高い味わいになっています。

丼に残った大根・カブおろしにつけ汁をかけて跡形もなく飲み干すのが礼儀かな。

大根おろし100%だと水っぽくて辛味が強くなってしまうのかもしれませんが、カブおろしを入れることで、口当たりが柔らかくなり、柚子の香りもより際立ちます。

釜揚げ汁に揺らぐ麺を全て食べ終わった後も、まだ少し大根・カブおろしが残っています。これがもったいないので、丼に残った釜揚げ汁に、つけ麺のつけ汁を加えて味を付けガブガブ飲んでやりました。飲み干すことはできませんでしたが、大根・カブおろしが堪能できて満足です!

あまりにも美味しすぎるので、期間限定をやめて!って思うのですが、そういうわけにも行かないですよね。

味噌らーめん

味噌らーめん(900円)

 

2018年12月1日〜2019年1月31日限定で提供されています。体の芯から温まる、冬にぴったりな一杯。

存在感のある『いつも』の角煮の隣に、こんもりと盛られたもやしは二郎系を意識しているのでしょうか。どちらにせよ、このシャクシャクのもやしとコクのある味噌スープは相性バツグンです。

新鮮でみずみずしいもやしを、麺と共に豪快にむしゃりましょう!

いつもの角煮は味噌に浸してもうまい!どんなスープとも合う、まさに名バイプレーヤーですね!

まだまだ、これで終わらないのがライム軒さんのポテンシャル。限定の味噌らーめんには、専用に用意されたユニークなトッピングがあります。

  • パルメザンチーズ(100円)
  • ピーナッツバター(150円)

すごく個性的なトッピングのチョイスに、センスを感じますね。さすがに両方はクドそうだなと思い、予想できるパルメザンチーズはパスし、ピーナッツバターをいただきます!

ピーナッツ入りのバターといった感じですね。麺を半分くらい食べたところで、味変にトライ!

バターのコクがプラスされて、さらに食べ応えが増しますね!ただピーナッツの含有量はあまり多くないせいか、ピーナッツはわずかに香る程度に止まっています。もうちょっとピーナッツ感が強かったらどうなったのかな。

味噌バター好きな方、コク深い味が好みの方には、ピーナッツバターをプラスするのもいいと思います。ただ、味噌オンリーでも十分おいしいですよ!

塩らーめん

塩らーめん(850円)

2019年3月25日(月)までの期間限定メニュー。1日20食限定です。

具材は鶏ムネ肉のチャーシュー、ねぎ、のり、メンマ、カラフルなあられ。色鮮やかなあられが散りばめられ、ビジュアルも意識したオシャレな塩ラーメンです。

スッキリ・あっさりとしているのに、しっかりとコクがあるスープ。優しいというよりかは、しっかり目のお味で満足度高し。

麺は通常の全粒粉入りツルツルシコシコの麺では無く、少し細いタイプの麺ですね。あっさりスープによく合います。

こちらも淡白な鶏ムネ肉のチャーシュー。麺・スープが淡白だったので、トッピングのチャーシューくらいは、鶏のレアチャーシューとかいつもの角煮みたいな、こってり系のお肉でもよかったかもしないですね。

海老らー麺

海老らー麺(850円)

2019年4月初旬に提供されていた、店長の気まぐれ限定麺。見た目からはわかりませんが、海老の香りがしっかりと香る海老らー麺。具材は豚肩ロースチャーシュー、メンマ、ネギとシンプルな構成。値段を上げても構わないので、海老ワンタンとか海老しんじょとか、海老らー麺っぽいトッピングが欲しいですね。海老スープ表面のオイルが輝き、相変わらずの美しさです。

スープは通常のラーメンスープに海老油を加えてあるんでしょうか?海老の香り、旨味が感じられて、クセになるほどとっても美味しいスープです!海老好き必食です!

カレーらぁ麺

カレーらぁ麺(850円)

初夏の装いを感じる暖かな日となった2019年5月3日(金)、店長の気まぐれ限定麺として提供されていたのがこちらのカレーらぁ麺。カレー蕎麦のようなスープを想像してしまいがちですが、ライム軒のカレースープはそれを良い意味でぶち破ってきました!

見た目はチリが効いた赤っぽいスープですが、一口味わうと適度な酸味を感じます。その後に来るのがガラムマサラのような香りのスパイス。この風味がバッチリとカレーを表現しています。一切の粘度質は感じられず、シャバシャバ系のスープ。それでもしっかりとスパイスが効いていてうまいです!辛さをプラスできるそうなので、辛くしたい方は店員さんにお声がけしてください。

具材はいつもの豚角煮・メンマに加えて、レタス・オニオン・ドライのフレークが散りばめられています。この爽やかなフレッシュ野菜のレタスとオニオンがあることで、タコスのようなメキシカンテイストも感じられて、新感覚のラーメンに仕上がっています。

いつもの角煮、ツルツルシコシコの麺もカレーとの相性は良いです!かなりレベルの高いラーメンに仕上がっていますね!限定麺の中でもトップクラスの美味しさ!自信を持ってオススメします!

冷しゃぶ胡麻つけ麺

冷しゃぶ胡麻つけ麺(900円)

2019年5月下旬から6月17日(月)まで提供されていた期間限定「冷しゃぶ胡麻つけ麺」。1日20食限定です。いつもの全粒粉入りシコシコ麺の上にはレタスと、薄切りの豚しゃぶが鎮座。つけ汁は胡麻の風味がしっかりと香るもしつこさのないタレ。ラー油がテロっと浮いているので、若干の辛味もあって良いですね!

豚しゃぶは極薄なので、麺の邪魔をせず、さっぱり・ペロリといけちゃいます!美味しいんだけど、胡麻ダレはずっと食べてると飽きがくるので、途中でペッパーとライム酢を麺にかけて味変するのがオススメ!こりゃーうまいぞー!

鰹出汁らー麺

鰹出汁らー麺(850円)

かつお系ラーメンスタンプラリーに参加しているライム軒さん。カツオを使用したスタンプラリー対象ラーメンがこちら。鰹出汁が効いた、今までにない味わいのスープです!

スタンプラリーの期間2019年9月16日(月)〜11月30日(土)まで、楽しめると思います。

かつお系ラーメンスタンプラリーについては、こちらをご覧ください!

かつお系ラーメンスタンプラリーに挑戦中!スタンプラリー好きのぼくを、ワクワクさせる企画に出会ってしまいました。 それが かつお系ラーメンスタンプラリー! ...

 

秋刀魚らー麺

秋刀魚らー麺(900円)

いつもライム軒さんに季節を感じさせてもらっています。今回は秋の味覚、秋刀魚ですね。最近は色んなラーメン店で秋刀魚ラーメンを提供するようになりましたが、ライム軒さんで初めて味わいます。

想像では、秋刀魚の内臓を使って、苦味がしっかり味わえるのかなと思いましたが、スープは澄んでいて意外とあっさりしています。それでもしっかり秋刀魚の風味は楽しめます。トッピングの玉ねぎのみじん切りと三つ葉が、秋刀魚の臭みを消してくれていいアクセントになっています。

あら炊き塩らーめん

あら炊き塩らーめん(950円)

2020年3月の期間限定らーめんは、魚介の旨味がスープに溶け出したあら炊き塩らーめん。トッピングの具材はしんじょ、山菜、岩海苔、三つ葉、豚バラ角煮と和を意識した構成。麺は中細で魚介塩スープによく合います。無化調を感じさせる、素材の自然な旨味が味わえるスープは、体に染み渡るとっても優しい味。しんじょなどの具材も手作りでしょうか。どれも優しくまとまっていて、店主の気遣いが感じられます。元フランス料理のシェフという事ですが、和のテイストのラーメンに驚かされました!

ライム軒の営業時間・駐車場情報

店名 ライム軒
住所 静岡県静岡市駿河区中田本町62-6
TEL 054-287-3311
営業時間 昼 11:30〜14:30
夜 18:00〜21:30
※スープが無くなり次第終了
定休日 火曜日
駐車場 6台(昼間のみ隣店駐車場5台分使用可能)

 

『常連さんを退屈にさせない!』

そんな心意気が伝わってくる、ライム軒さんの限定麺の数々。通いたくなる理由はそこにもあるんですよね。

これからの新メニューにも期待です!

ABOUT ME
よれぴ/静岡グルメブロガー
月間約6万回読まれてるブログ「もぐもぐしずおか」の管理人。『ここ行きたい!』にあふれてる。グルメ・観光の情報を発信中!ブログ更新情報は、ツイッターをフォローしてね!